コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

印鑑を場面によって使い分ける印鑑占い

欧米ではサイン文化が多く印鑑を使う事はないようですが、印鑑を使った占いというものもあるのです。もちろん印鑑というのは同じものがいくつもあると困るものですから、印影は全て違うようになっています。ですからその印影を用いた占いがあり、印鑑占いと呼ばれています。

簡単な例としては、印影が左右対称になっているものはあまり良くないとされています。こういった分かりやすいものには、他にも印鑑の材質が何かというものもあります。印鑑の形に関しても円や楕円だけではなく、四角いものなどがありますが、基本的には円が吉とされているのです。逆に凶とされるのは楕円になります。

印鑑には名前を使う事が多いと思いますが、その画数でも占う事があります。ですから印鑑占いといわれているものの、そういった点では姓名判断に似た部分もあるのです。ただ、印鑑占いの場合には名前を変える必要などなく、印鑑の形などを変えることで運勢を変えていくことが出来るのです。ですから姓名判断よりも実用的な部分のある占いになります。

印鑑占いでは印鑑の印影を印相と呼び、印相によって運勢が変わってくると考えられているのです。使う場面によって利用する印鑑を使い分ける事で、物事が上手く進むという考えもあるのです。

会社でちょっとした書類に印鑑を押す場合もありますが、普段はあまり利用する機会はないかもしれません。ですがそれだけに印鑑が必要になる書類には、それなりに大事な意味がある場合も多いのです。ですからどういった場面にどの印鑑を使えば良いのか知っておくと、物事がスムーズに進められるかもしれません。

関連記事

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です